むらいさち×薩南トカラ│Web Gallery

薩南トカラディスカバリークルーズに行ってきます!鹿児島枕崎港から南下しながら島を転々として、島に宿泊しながらダイビングしてきます。こんなワクワクなダイビングは久々かも!


薩摩硫黄島へ到着

鹿児島の硫黄島です。飛行機から何回か見てて、凄い島だと思ってた場所にまさか来れるとは!硫黄島は、硫黄が流れ出てるので、港もこんな色! だからこそ撮れる景色があるんです。

全てが独特な海、日本とは思えませんね。 硫黄岳からは噴煙が出てて、絶景秘湯温泉が最高でした!ダイビングしてなければ、一生こなかったであろう場所、硫黄島最高ですね^ ^


薩南エリアでダイビング

まずは有名ポイント「ジュラシック」からチェックダイブ。潮流はほぼ無く潜りやすい海。魚種モリモリでした!

「ビッグドロップ」では地形と大物を狙いました。いい具合に緩い北潮が入っていて大きなイソマグロ登場!


話題の水中オーロラを狙う

薩摩硫黄島といえば、硫黄泉と海水が混ざり合って出来上がる不思議な現象「水中オーロラ」。ホシカイワレの群れも登場しました!


トカラマンタを初撮影

いよいよトカラ列島・まずは口之島に到着!トカラのマンタは水面直下のプランクトン捕食中を狙ってサーチ&エントリー。好奇心旺盛のマンタに巻かれました!

トカラ中之島の代表ポイント「ラクダ岩」では、満開のイソバナを狙うため午後の西陽の時間帯を狙いました。

トカラ小臥蛇島の「雄神瀬」は本来大物ポイントだけど、あえて鮮やかな絵を狙ってみました。産卵で集まったホシフグの群れがキュートでした!


いよいよトカラの大物と遭遇

トカラを代表する「芽瀬」での大物狙い!1本目ではマダラトビエイの群れ、2本目のクルーズラストダイブの浮上寸前にダイガー登場!突然横から現れてビックリしました!


初トカラの総評

こんなにドキドキワクワクが止まらないダイブツアーは初めてだったかも!そして、マクロを一枚も撮らない撮影も初めてだったかも(笑)陸も水中も本当に初めての体験ばかりで楽しかったです! 改めて、日本の海は面白いと思いました。

あと、2020年も中村卓哉さんとのコンビ「ゆるカタ」で、奄美発の北上トカラクルーズを開催します(11月04日(水夜)~11月09日(月))。ぜひご参加ください♪


むらいさち(Sachi Murai)

写真家。20歳の頃より、沖縄の座間味島に移住しダイビングインストラクターとして働く。
その後写真の世界に入り、広告カメラマンの助手を経て、ダイビングやリゾート雑誌を発行する出版社へ。日本をはじめ世界の海を取材し、2005年に独立。
現在は、広告や雑誌のほか、エッセイなどの執筆、イベント講演やメディア出演など活動の幅を広げている。また、地域活性化プロジェクトにも力を入れており、各地の自治体と組んで、その土地の魅力を体感・発信するフォトツアーを企画、開催している。

<写真集>
『ALOHEART』(LifeDesignBooks)
『きせきのしま』(小学館)
『LinoLino』(LifeDesignBooks)



乗船予約・お問い合わせはこちら